「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

公開日: 更新日:

視聴率12~13%をウロウロ

 放送が再開した大河ドラマ「麒麟がくる」の視聴率が振るわない。制作関係者が嘆く。

「コロナの影響で収録が思うように進まず、6月7日(第21話)の放送回をもって番組を一時中断したんです。その回は視聴率は16・3%にまで跳ね上がりました。そうこうするうちに緊急事態宣言も収束し、視聴者が待ちに待った第22話が放送されたのは約3カ月後の8月30日。しかし、視聴率は14・6%という微妙な結果だったんです(視聴率はいずれも関東地区・ビデオリサーチ調べ=以下同)」

 その後は順調に撮影が進み、無事、28話まで放送されているのだが、肝心の視聴率が上向いてこない。

「22話が最高なんです。以降、12~13%台をウロウロです。直近の28話(10月18日OA)は新たな章となる『京~伏魔殿編』がスタートしたというのに期待された視聴率は12・5%と復活以来、最低を叩き出してしまった」(前出の制作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る