一雫ライオン
著者のコラム一覧
一雫ライオン作家

1973年、東京都生まれ。明治大学政治経済学部2部中退。俳優活動を経て、35歳のときに演劇ユニット「東京深夜舞台」結成を機に脚本家に転身。主な脚本作品に、映画「TAP 完全なる飼育」「サブイボマスク」、東野圭吾原作「パラレルワールド・ラブストーリー」など。2017年に家族愛を描いた「ダー・天使」(集英社)で小説家デビューし、翌年「スノーマン」出版。最新作は幻冬舎から出版予定。

気の利いた格言よりも…迷ったらアニマル浜口を思い出せ

公開日: 更新日:

「締めに近づいております」と青年からのメール。なにを勝手に締めにしているのかしらんが、とにかくメールが来た。

「質問① 小説を書くうえで気をつけていること、また格言のようなものが頂ければ」

 絶対この青年は自己啓発本が好きだなと想像。いや、格言などない。わたしなんぞの格言をきいてどうする。ロクなことはない。とりあえず返事は短く、「気合です」と返信した。

 だってそうなのである。よく物を書くうえで「降りてくる」と表現されることがあるが、そんなものは迷信だ。いや、降りてくることはある。無意識に、また自分がそんなこと知ってたかしら? という事柄までが勝手に脳から体をつたい指先からあふれ出ることはある。とくにはじめたばかりのころは、そのような経験は多かった。が、47歳のおじさんになったいま、そうは簡単に降りてきてはくれない。うん、うんとうなりながら日々髪の毛をかきむしっている。「あ、迷うことなくさらさら書けますね」なんて天才ぶってみたいがわたしはバカなのであり、かきむしる髪の毛があることを死んだ親父に感謝しながら、今日も苦しむのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  6. 6

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  7. 7

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る