一雫ライオン
著者のコラム一覧
一雫ライオン作家

1973年、東京都生まれ。明治大学政治経済学部2部中退。俳優活動を経て、35歳のときに演劇ユニット「東京深夜舞台」結成を機に脚本家に転身。主な脚本作品に、映画「TAP 完全なる飼育」「サブイボマスク」、東野圭吾原作「パラレルワールド・ラブストーリー」など。2017年に家族愛を描いた「ダー・天使」(集英社)で小説家デビューし、翌年「スノーマン」出版。最新作は幻冬舎から出版予定。

決定権ある方へ みんな地べたに必死に足をつけ生きている

公開日: 更新日:

 今日も今日とて青年からメールが届く。何度でも言うがわたしもそれなりに忙しいし、新作小説の締め切りがおおいに遅れ精神錯乱(いつもだが)、おまけに時々妻に媚も売らねばならぬので、やはりこれなかなか忙しいのである。が、メールを開く。と、「ライオンさんの小説、ようやく読みました」とある。ようやくとは何事、と思いながらも読み進めると、「なぜライオンさんの小説に出てくる登場人物は、人生たいへんそうな人が多いんですか?」との質問が。

 うん、それは人生はやはりたいへんだと思っているからで、青年を仲介したY編集者にきくと彼はなかなか良い家のお子さんらしい。もし必死に働く=たいへんそうな人たち、と思うのなら、そこらへんの感受性は鍛えたほうがいい。

 わたしの友人で長谷川という男がいる。定時制高校で知り合い、30年になる。彼は東京に自分の会社を持ちながら夏の間だけ由比ケ浜で海の家を経営している。もちろん今年のコロナ禍で海の家は中止になった。神奈川県知事が決めたシステムにより、そのような流れとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る