社運を賭けたテレ東ドラマ「共演NG」視聴率失速の理由

公開日: 更新日:

 10月26日の放送スタート前から「テレ東が社運を懸けた」「豪華キャストで話題」などと報じられた連続ドラマ「共演NG」(テレビ東京系、月曜22時枠)が苦戦している。初回の世帯視聴率は6・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と同局がドラマBiz枠を立ち上げて以降、最高となる数字を叩き出したが、第2話以降は4%台に下降している。

中井貴一さんと鈴木京香さんがタッグを組み、企画・原作は秋元康さん。脚本・監督が『モテキ』をヒットさせた大根仁さんの“骨太作品”です。他のキャストも山口紗弥加さん、リリー・フランキーさん、里見浩太朗さんと実力派ぞろい。ドラマ制作費は他の在京キー局と同等の1話当たり2000万円以上といわれています。テレ東としてはまさに“社運を懸けたドラマ”といえるでしょう」(テレビ局関係者)

 元恋人という設定の鈴木と中井がドラマの中でお互いを「うんこ野郎」「クソ女」と罵り合うシーンも話題になった。数字が伸び悩んでいるのが不思議なくらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  3. 3

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    佐高信氏「中小企業が生き延びる道は“大”にならないこと」

  9. 9

    セ首位打者DeNA佐野恵太“驚異のウンチク” ラミ監督も評価

  10. 10

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

もっと見る