テレ東だけが在京5局で唯一の増益 実った3つの生き残り策

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス禍を経て、生き残るテレビ局はテレビ東京かもしれない。

 東京キー局5社の9月中間決算は、新型コロナウイルス感染のあおりで、スポットCMが3割前後も減り、いずれも前年同期と比べて大幅な売り上げ減となった。日本テレビは、経営するスポーツクラブの休館や会員減少もあって赤字に転落、フジテレビはホテル・観光事業の不振、テレビ朝日とTBSもイベント中止などで減益だった。テレビを支えるはずの事業が、かえって足を引っ張ることになってしまったのだ。

 そんな中で、ひとり気を吐いているのがテレビ東京である。10億円と大きな金額ではないが、前年同期比2・7倍という純利益を稼ぎ出した。なぜ、テレ東だけが増益になったのか。

「スポットCMが激減しているのは他局と同じですが、新型コロナで旅・街歩き番組やロケものが作れなくなって、制作費を使わなかったということがあります。テレ東はこのジャンルの番組が多く、効果があったのでしょう。また、リモート勤務を徹底して出社率を50%にしたため、間接経費も減りました。一方で、外出自粛の巣ごもり需要で、BSテレ東のテレビ通販が好調なのも大きいです」(企業信用調査会社担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  2. 2

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  8. 8

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  9. 9

    山Pは「稼げない」ジャニーズの“貴公子”電撃退所の舞台裏

  10. 10

    田村厚労相が論文引用で墓穴 研究見解が180度変わっていた

もっと見る