「鬼滅の刃」商標登録でよもや、よもやの“リアルバトル”

公開日: 更新日:

 独法の工業所有権情報・研修館が運営する「特許情報プラットフォーム」によると、大阪市の会社が2月に「鬼滅」(呼称・オニメツ、キメツ)の商標登録を出願していたのだ。

 今やコンビニやスーパーには「鬼滅の刃」とコラボした飲料、食品、菓子などの商品が溢れるばかり。「鬼滅」ブランドの使用料だけでもン億円はくだらないだろう。

 この会社がマンガ人気を狙ったのかどうかは分からないが、これに対し、集英社も7月中旬に「鬼滅」(呼称・キメツ)の商標登録を出願。「鬼滅」をめぐるバトルの行方に注目が集まったが、「全集中の呼吸」で動いたのは特許庁。大阪市の会社の商標登録出願申請に対し、7月末に「拒絶」する通知を出したのだ。

 拒絶理由通知書によると、「鬼滅」を使った言葉として「鬼滅の刃」があり、2016年から20年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載されていることや、テレビアニメ化され、各種報道によって、<『鬼滅』の文字は、『鬼滅の刃』を表す標章として、本願商標の出願前から現在に至るまで、我が国の子供から大人まで広く認識されているものというべきです>と説明。そして、<あたかも『鬼滅の刃』作品及びその関連商標と何等かの関係ある商品(役務)であるかの如く、商品(役務)の出所についての混同を生じさせるおそれがあるものと認めます>としている。

 漫画の原作者も出版社もうかうかしていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  5. 5

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る