「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

公開日: 更新日:

 16日の公開初日から3日間の興行収入が46億円を突破したアニメ「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」(外崎春雄監督)。この調子が続けば、日本の長編アニメ映画として歴代1位の興行収入(約300億円)を誇る「千と千尋の神隠し」(2001年、宮崎駿監督)を超える日も遠くないだろう。

 映画批評家の前田有一氏がこう言う。

「公開3日で46億円というのは驚きですね。新宿の映画館では26時(午前2時)まで上映していると聞きましたから、どこまで動員が伸びるか。『鬼滅の刃』を見た多くのお客さんが再び映画館に足を運ぶ効果も期待できると思います」

 新型コロナで停滞していた映画業界にとっても「起死回生」の作品になったのは間違いない。そこで早くも漏れ始めたのが「実写化してほしい」との声だ。

 大ヒットしたアニメはこれまでも数多くの作品が実写化されている。だが、その際に重要なのが、原作のイメージをどこまで忠実に再現できるかだろう。アニメと実写版と“乖離”が大きくなれば、場合によっては原作自体の評判を落としかねないからだ。とりわけ、重要なのがキャストだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

もっと見る