紺綬褒章受章の中居、あゆがひっそり寄付 前澤氏とは別物

公開日: 更新日:

 9日発表された紺綬褒章の芸能人受章者が話題になっている。紺綬褒章は500万円以上寄付した人を顕彰する制度で、1500万円以上寄付すると勲章のほか賞杯を授与。中居正広(48)や香取慎吾(44)らが受章した。中居は東日本大震災など新しい地図が設立したプロジェクトにも寄付しつつ、個人で3000万円ほど寄付しているという。他の受章者には浜崎あゆみ(42)、高橋一生(40)、AAAの西島隆弘(34)のほか仲間由紀恵(41)の名前もあるが、ほとんどがSNS等で自身の寄付について言及しておらず、官報に掲載されてジワジワと貢献が明らかになっているのだ。

 発売中の「女性セブン」によると、仲間は地元沖縄の首里城再建資金を寄付したという。浜崎と西島は昨年4月、緊急事態宣言早々、医療従事者に向けて、国立国際医療研究センターに各1000万円を寄付。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「今回の受章は、寄付行為だけでなく、若年層に広く寄付する文化を浸透させたという面で貢献度が高いのでは。SNS等でやたらと主張せずに実行している真摯な姿も好感度が高い。官報に名前が載るからには、継続的に支援する気持ちもあるでしょうし、社会全体の価値観を変えるきっかけになるはず」

ユーチューバーの“現金配り”とは別モノ

 一方、ネット界でもユーチューバーやインフルエンサーが「コロナ支援」と称した“現金プレゼント”を連発しているが。

前澤友作さんがツイッターを通じて現金を配ったのをきっかけに増えていますが、寄付とは別モノです。現金プレゼントで告知が拡散し、フォロワーが増える。出資した金額を大幅に上回る収益を得られる、即効性のある広告手段になっています」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

「今回の受章はネット界の拝金主義に一石を投じることにもなるはず。ハリウッドのように寄付する文化が定着すれは、日本の芸能界もステージが上がるでしょう」(前出の川内氏)

 中居たちの寄付行為は芸能界の地位向上にも貢献しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る