てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

相方のスベリ恐れずズッと味方に…ダイノジ大地の包容力

公開日: 更新日:

「簡単だよ、スベればいいんだよ。スベったら、腕のいい芸人がなんとかしてくれるから。いっぱいスベろう!」(ダイノジ大地洋輔/テレビ朝日「しくじり先生」2月8日放送)

「カリスマ気取りで嫌われちゃった先生とヤバい相方を放置しちゃってた先生」として、番組に登場したダイノジの2人。前者は大谷ノブ彦(48)、後者は大地洋輔(48)である。

 かつての大谷は「誰にも挨拶しなかった」「楽屋で誰とも話さず太宰治を読む」「後輩見かけては『あんちゃん辞めちゃダメだよ』と謎の説得する」などイタい行動の数々。先輩、後輩、社員、スタッフ、全方位から嫌われていたという。

 大地がエアギターで世界王者となると、大谷は「じゃない方芸人」へと転落。やがて、自分もイジられたいと思い、初めて相方に「大地さんみたいにイジられたい。どうやったらいいか教えてくれない?」と相談した。そのとき、大地が答えたという言葉を今週は取り上げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る