スッキリ卒業の近藤春菜を支える「春菜会」の強力アシスト

公開日: 更新日:

 3月いっぱいで「スッキリ」(日本テレビ系)のサブMCを卒業する近藤春菜(38)。今週も明るく振る舞っていたが、楽屋で見せる姿は「まるで別人のよう」だという。はしゃぐ姿はほとんどなく、鏡の前でジッと考え事をしていることが多いそうだ。そんな近藤に、MCの加藤浩次(51)が「いろいろ大変だけど、頑張って乗り越えよう!」と声を掛けるのが最近の2人の日常だと聞く。

 残念ながら、業界における近藤の評価はさほど高くない。

「近藤には芸人として渡辺直美のような観客を唖然とさせるような抜群の個性があるわけではありません。NHK朝ドラ『花子とアン』や大河ドラマ『西郷どん』のキャリアを武器に女優として売り込んだとしても、せいぜいエキストラに毛が生えたような役どころが精いっぱいでしょう。取り立てて演技力があるわけでもありませんから……。これまでドラマに出演して“女優然”としていられたのも吉本興業の後ろ盾があったからこそ。それがなくなったら近藤がテレビから消えてしまう日もそう遠くはないでしょう」(芸能プロ関係者)

 近藤にもその自覚があるだろう。お馴染みの「春菜会」のメンバーたちに弱音を吐くことが増えたそうだ。近藤はこれまで春菜会について公にしてこなかったが、2月10日放送の「スッキリ」で「メンバーは川口春奈、近藤春菜、はるな愛、後藤晴菜、榛名山」と冗談めかしてその存在を明らかにした。そんなリーダーの危機に対し、メンバーの間に「春菜を応援しよう」という機運がにわかに高まっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?