だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

公開日: 更新日:

 ヤミ営業問題発覚から2年半……。ユーチューバーとして順調な宮迫博之(50)だが、今度は長崎県大村市のボートレース大村の広告塔に通常のギャラの20倍、2000万円で起用され、波乱が巻き起こっている。ネット上では「ヤミ芸人を広告塔にするのか」という起用側に対する批判のほか「宮迫自身が断るべき」という声も上がっている。

「そもそも“ヤミ営業”の対応がアウトやった。余興に呼ばれて謝礼ゼロなんてありえへん。『すみません、もらいました』と言えば、それ以上追及されなかったはず。それを年長者の宮迫が“全くもらってない”なんて平気で口裏合わせする考え方が問題」と言うのは吉本の関係者。

 先月10日、自身のユーチューブ番組で島田紳助(64)がゲリラ電話出演すると、再生回数300万回超えの神回に。ところが、ユーチューブでの紳助出演や“吉本に戻りたい芸人”と自己紹介している宮迫に対し、吉本の大崎洋会長からは「もう戻らんでええ」と突き放される始末。吉本との溝はますます深まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る