ゆきぽよTVから消滅…再起誓うも「もう見たくない」の声

公開日: 更新日:

 タレントのゆきぽよこと木村有希(24)が、3月18日にスポーツ各紙の編集部を訪れて取材に応じ、今後の芸能活動について再起を誓った。だが、喜んでいるのは一部のファンだけで世間の反応は冷たい。

 ゆきぽよは、今年1月、”親密な男性X氏”が2019年にゆきぽよの自宅でコカインを摂取して逮捕されたことが「週刊文春」に報じられた。その後、ゆきぽよはこの件について詳しい説明を避け、何事もなかったかのようにインスタを更新するも、世間から“反省していない”などの批判を受けてストップ。地上波テレビの出演はゼロとなり、CSも再放送が1本(3月18日時点)。あの騒動でゆきぽよは“テレビから消えた”と言っても過言ではなかった。

■自分を「赤ちゃん」に例えつつ、さりげなく言い訳

 今回のインタビュー記事はそんな沈黙を破るかのようだ。スクープを報じた週刊文春の記事内容については概ね“事実”と認めつつ、<自分の行動次第。赤ちゃんは最初は1人で歩けず、立ち上がって転んでを繰り返す…今、立ち上がろうとしているんです、私><失敗を経験にして『ゆきぽよは変わったよね』と思ってもらえるようになれるよう頑張るのが今、私が出来ること>などと前向きな言葉を口にし、再起を誓った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  4. 4

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る