城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

芸能ニュースが不調…昔は詐欺的表現や手段も使ったことも

公開日: 更新日:

 大ベテランの芸能記者と話をしていたら、何度も出てきた言葉が「芸能ニュースが不調だ」というフレーズだった。

 大物の結婚・離婚といった、本来なら連日、追っかけるはずの話題もたった1日で終わってしまう。これは、長引くコロナ禍の影響で、ニュースの流れが変わってしまったといえそうだ。

 通常ならば、デートの目撃などの交際の一次情報があって、次に結婚の決意などが報道され、そしてゴールイン、挙式・披露宴とニュースは連日続いていくが、コロナ禍では巣ごもり中心で、どちらかの住んでいる部屋で交際を深めていれば情報が漏れてこない。その上、一緒にいる時間も長く相方をよく見ることができるので、発表の段階では交際宣言を飛び越し結婚となる。一方、うまくいかなければ、さっさと別れるということになり、いずれにせよ「離れた」についてもノーマークの芸能マスコミが驚かされるということになりがちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る