荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<43>いかりや長介さん、ドリフターズのみんなと撮った写真も懐かしい

公開日: 更新日:

 これはザ・ドリフターズだね。雑誌の連載で、いかりや長介さんを撮影したときに、ドリフターズのメンバーやスタッフたちみんなと撮った写真なんだよ。加藤茶さん、志村けんさん、高木ブーさん、仲本工事さん、全員写っているね。この撮影の後にね、上野公園に行ったんだよ。いかりや長介さんがゴリラの真似をしてくれてね、懐かしいなぁ~(雑誌『太陽』の連載で撮影、1974年12月号<藝人楽屋噺>「いかりや長介」)。

 この頃、いろんな人を撮ってたけど、印象的だったのが王貞治さん。全盛期の頃だね。王さん、優しくてね、いい顔してるんだよ(『太陽』連載<実力者たち>で撮影、1975年4月号「王貞治」)。撮影の前に王さんのことを少しだけ調べてたら、投手をやったことがあるっていうじゃない。高校の早実時代はピッチャーなんだよね。だから後楽園球場でフリーバッティングが終わったあとに、ピッチャープレートに座ってほしいって頼んで、パパッと撮ったんだ。そうしたら広報が飛んできて、「王が痔になったらどうするんだ!」とか怒られちゃってさ(笑)。ところが本人からはウチに来ないかって誘われたんだ。家に招いてくれたんだよ。それで入浴シーンを撮らせてくれたんだ。驚いたね。風呂がね、小さいんだよ。「なんでこんな偉大なスポーツマンが!?」って思っちゃうくらい小さくてね。風呂でくつろいでるところを撮らせてくれたんだ。

王さん、やっぱり天才なんだよ

 ピアノをポロロンって弾いてくれたり、「このあと高校の創立のパーティーがあるから行かない?」なんて誘ってくれたりしてね。その誘いは断ったけどね(笑)。王さん、素敵な人なんだよ。

 野球をしているときの王さんは、もちろん気の張ったいい顔だったけど、仕事を離れたら離れたで、とても肩の力が抜けたいい顔をする。そういう人はなかなかいないよ。やっぱり天才なんだよ、あの人。好きだなぁ。

 普通はさ、王貞治を撮る! となると、「王さん、ちょっとバッティングのポーズをお願いします」ってなるわけじゃない。それがいきなりマウンドに座れって言うもんだから、嬉しかったのかなぁ。ピッチャープレートに座ってくれなんて、いないよね。変わってるヤツだと思ったのかな。家に招いてくれて、撮らせてくれてさ、嬉しかったね。

(構成=内田真由美)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  5. 5

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る