荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<36>撮るときに情が強いからプリントでは情をなくしたい

公開日: 更新日:

 昔、森山大道さんと二人で、沖縄の国際通りを一緒に撮りながら歩いたことがあるんだよ。ワークショップ写真学校で沖縄に行ったときね。その頃の国際通りは車も通らなかった。一緒にお風呂入って、森山さんのヌードを撮ったりしたことがあるんだ。(「ワークショップ写真学校」は、1974年に東松照明〔写真家〕の呼びかけに応じて、荒木経惟、森山大道、細江英公、深瀬昌久、横須賀功光ら第一線の写真家が設立に参加、講師となり、寺子屋形式で写真教室が開講され注目を集めた写真学校。76年に閉校。荒木はその後77年まで「荒木経惟私塾」を開設)

 森山さんは、暗室でも撮ってる、1枚の写真で二度も三度も撮ってるって感じがするんだよね。ワークショップ写真学校のときに、森山さんと一緒に暗室に入ったことがあるんだけど、森山さんが1枚焼いてる間に、オレは10枚ぐらい焼いてさ。オレはプリントするときにはクールになるからね。撮るときに情が強いから、プリントでは情をなくしたいんだ。森山さんはね、撮るときに無情になるから、プリントのときに情が入って、ちょうどいいんだよね。

オレの写真はおしゃべりしすぎ

 オレの写真は、おしゃべりしすぎだけど、森山さんは、しゃべりが少ないからね。で、相手を喜ばしてあげようとか、そういうのは思ってないからね。

 森山さんは、わかってさ、ほっつき歩いてるんだよね。野良犬にならなくちゃダメだ、なるというね。人間から外れていっちゃうというか。あの人、恥ずかしがりやだからね。人間から外れていっちゃう、そうじゃなきゃダメだ、動物でなくちゃ、というようなのを持っているんだよ。本能的に。森山さんは、自虐的におんなじ表現方法だから、場所を変えればいいって、動いているって言ったりするじゃない、わざと。そうじゃなくて、どうしてもね、野良犬にならざるをえないんだよ、本能が。でも、そのことが、一行の素晴らしい言葉より、なにかを捉えてるっつうか、発言している。だから続くんだよね。ここんとこずーっと、見るほうが手を切らないじゃない、いつまでも。森山さんの写真、とくに海外ですごいだろ。外人のほうが言葉なしで通じるんだよ。ものすごい文字よりさ、通じるというのがなんかあるんだろうな。

(構成=内田真由美) 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る