荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<35>森山大道さんが撮ったヌードに「やられた」と嫉妬した

公開日: 更新日:

 森山さんは、オレより二つ歳上なんだよ。(森山大道 写真家、1938年生まれ)

 森山さんに、やられたなぁ、きたなぁ、と感じたのは、やっぱり『写真よさようなら』。オレ、その頃に電通をやめたんだよね(1972年)。森山さんが『写真よさようなら』を出して、同じ出版社からオレの写真集も続けて出す予定だったんだよ。それで、よし、向こうが「写真よさようなら」なら、こっちは「写真よこんにちは」というぐらいの気持ちでいこうって。

 自分でレイアウトもやって、1冊作ったんだけど、出版社が倒産しちゃったんだ。だから出せなかった。それから10年ぐらい経ってから、『東京エレジー』になったんだけどね(1981年刊写真集)。作っている途中で親父が死んで、死のほうへと変わっていったんだ。

(写真集『写真よさようなら』は1972年に写真評論社より刊行。「他人の写真やテレビなどの無原則な複写や、シャッター空落としのネガの切れっぱし」など「アレ・ブレ・ボケ」の極致とも言うべき写真群で構成され、何が写っているのか、何を写そうとしたのか判別がつかない写真ばかりが収録された。「写真とは何か」を追い求めた森山の大きな転機となった金字塔的写真集。巻末に写真家・中平卓馬との対談を収録。この写真集へのネガティブな反応が引き金となり、その後、森山は心身ともに憔悴し苦闘、写真から離れることとなる)

あんな“ブレ、ボケ”で…

 森山さんの『写真よさようなら』と同じぐらいの本の大きさでさ、ドーンと出そうと思ってた。やっぱりね、嫉妬していたからね、『プロヴォーク』(写真同人誌)に。『プロヴォーク』で、森山さんが撮ったヌードを見て嫉妬したからね。だから、あっ、やられたなと。だってその頃さ、あんな“ブレ、ボケ”で、踏切を撮ったってなんだよって(笑)。やられたなってさ。

(森山は、『写真よさようなら』について、「とにかく当時、あの写真集を褒めてくれたのは荒木さんだけね。ほとんど誰も何の反応もしなかったしさ。デザイン的だとかってよく言われたけどね。本質的な部分であれが何なのかっていうことを一番最初に荒木さんだけがわかってくれた」と語っている)

(構成=内田真由美)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る