小林麻耶に言われ放題でも海老蔵ノーコメント貫くナゼ…“骨肉の泥仕合”の落としどころは

公開日: 更新日:

「父とは縁を切り、母は海老蔵洗脳にかかっているので駆け落ちすることにしました」などと、このほどブログに書いたフリーアナの小林麻耶(42)。元夫で整体師の國光吟氏(38)との再婚を発表しつつ、義弟である歌舞伎俳優、市川海老蔵(44)への攻撃も「海老蔵洗脳」なる造語で続けたのである。

「交際0日婚、姪甥と会うために離婚、駆け落ち再婚」と説明をつけた麻耶について、スポーツ紙芸能デスクはこう言う。

「麻耶さんには、34歳の若さで2017年に亡くなった妹麻央さんの忘れ形見である麗禾ちゃん(4代目市川ぼたん=10)、勸玄くん(9)が何よりもかけがえのない存在なんです。にもかかわらず、國光氏との結婚に反対だった海老蔵から結婚直後、最愛の姪と甥に会わせてもらえず、つらい思いをした。さらに國光氏と離婚後も『とっくに離婚した男と、いっしょに暮らしているなんておかしいじゃないか』と批判され、『きちんとケジメがつけられないのなら、もうウチの敷居はまたがせない』と言われたとされ、また会えなくなるのではと、怖かったのでしょう。そういうことと、今回の再婚の決断は無関係ではないようにも見えます」

「海老蔵洗脳」

 海老蔵の顔色をうかがっている部分もあるのかも知れないが、麻耶さんの海老蔵批判もまた激しい。

「乳がん闘病で苦しむ麻央さんの傍ら、病室で競馬新聞を開き、競馬を楽しんでいたとの暴露に始まり、子煩悩パパぶっているのは許せないなどと続け、『世界で一番あなたが憎い』とまで書いている。『海老蔵洗脳』とは、友だちのように仲の良かった実母が海老蔵のマンションで姪甥の世話を焼き、そこに海老蔵の実母が不在であることを言っているようです。よほど腹に据えかねるものがあるのでしょうね」(前出のスポーツ紙芸能デスク)

■ノーコメントの理由

 言われ放題の海老蔵だが、今のところ公には何の反応も見せず、コメントひとつ出していない。どういうことか。ある梨園関係者はこう言う。

「何のコメントもしていないのは、いちいち相手にしても仕方ないと考えているからではないか。麻耶さんの批判はともかく、歌舞伎の世界でみると海老蔵はよくやっている。やるべきことをこなしている。若手スターとして板の上に立ち続け、CMにも出て、市川団十郎の襲名、また勸玄くんの市川新之助襲名にもそれなりの準備で臨んでいます」

 コロナ禍でも稽古し準備していたのだろう、このほど「市川海老蔵 八千代座特別公演」を熊本でスタート。31日まで親子3人揃っての興行に臨んでいる。

「こう言うと、また誤解を招きかねませんけれど、歌舞伎役者は板の上に立つのが仕事です。それ以外は妻が支えるもの。海老蔵は今は亡き奥さまが闘病中、妻の支えなしに役をこなし、今もそれを続けています。それ以外、やりようがないという思いでもいるかもしれません」(前出の梨園関係者)

 最近はSNSで知り合った女性との関係が週刊誌で暴露されたが、独身だけに後ろ指さされるいわれはないという気持ちも強いのかもしれない。

 麻耶VS海老蔵。骨肉の泥仕合は落としどころが見当たらない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に