沢口靖子の“待ち受け画面”が密かに人気…番組打ち切り封じのお守りになっている

公開日: 更新日:

 いまテレビマンの間で女優の沢口靖子(56)の写真をスマホの待ち受け画面にするのが密かにはやっているという。一体、どういうことなのか。

「テレビマンにとって鬼より怖いのが“番組打ち切り”です。局員なら出世に響くし、制作会社のスタッフにとっては、いきなり会社が倒産するのに等しい話だからです。実は沢口さんの待ち受け画面が“打ち切りよけ”として効果があるといわれているんですよ(笑)」(民放キー局プロデューサー)

 こんな冗談が飛び出すほど、沢口主演のドラマ「科捜研の女」(テレ朝系)は、1999年から23年間にわたり、何度も終了や打ち切りを報じられながら、現在も放送が続く「ご長寿ドラマ」となっている。

「今年4月7日で最終回を迎えた『科捜研の女・シーズン21』ですが、このシリーズをもって終了と多くのドラマ関係者は見ていました。理由は視聴率と制作費です。視聴率は世帯では10~12%台をキープしているが、スポンサーが一番求めるコア視聴率(13~49歳)が取れていないこと。加えて今年10月から編成戦略上、ドラマを放送していた木曜20時台、21時台がバラエティー番組枠に改編される案が浮上したことです。そして何よりも大きかったのが、京都の太秦撮影所でロケをやることが非常にコスパが悪いことです。そのため打ち切りが現実味を帯びて語られていたんです」(前出のプロデューサー)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声