東山紀之も城島茂もMC報道番組で性加害問題スルー…TV局はジャニーズ断ちか、このまま自爆か

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所の東山紀之(56)が3日、メインキャスターを務める『サンデーLIVE‼』(テレビ朝日系)に生出演。番組冒頭に「最初に私から一言、お話させていただきます」と切り出し、ジャニー喜多川氏の性加害問題に関して述べた。

 大きな注目を集めた東山の発言だが、「8月29日に(外部専門家による)再発防止特別チームにより発表されました厳しい指摘と改革案を含む調査結果を重く受け止め、9月7日に会見を開き、今後の取り組みに関して(ジャニーズ)事務所がご説明することになっています。その会見を前に、今日の段階では私としてはこれ以上のコメントを控えさせていただきますことをご理解いただければと思っています」と、まさかの“ノーコメント宣言”だった。

 ベテラン芸能記者が指摘する。

「テレビ局の声明文と同じような内容でしたね。“重く受け止め”は各局も使っていた。ChatGPTで作ったと思われても仕方ないほどでした」

『再発防止特別チーム』の調査報告書を受け、各局は8月29日に声明文を発表した。報告書内の『マスメディアの沈黙』について、NHK日本テレビ、テレビ朝日、テレビ東京が《指摘を重く受け止め》を使うなど各局とも似たような文章が並んでいた。

「事務所所属の東山は会見前という理由があるにせよ、各局のコメントも何ひとつ具体的なことに言及していない。"重く受け止め"て、どうするのか。本当に"重く受け止め"ているのか。これからジャニーズ事務所のタレントをどう起用していくかで、各局の本気度がわかる。『タレントに罪はない』のは間違いありませんが、少なくとも報道や情報番組での起用は辞めるべきです」(前出のベテラン芸能記者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント