松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

公開日: 更新日:

 週刊文春で報じられた性的トラブルで、活動休止し、文藝春秋を提訴すると発表した「ダウンタウン」の松本人志(60)。報道は、後輩芸人に女性をアテンドさせ、“上納”された女性と性的トラブルがあったという内容だが、この構図が、2021年4月にインスタグラムのライブ配信で“告発”したモデルでタレントのマリエ(36)の話に似ていると、SNSで話題になっている。

 マリエは自身が18歳の時、番組で共演していた元タレント島田紳助と後輩芸人に囲まれた場で、紳助に性接待を迫られたと告発。周りの後輩芸人らは助けるどころか、応じるように煽ったという内容だった。マリエは「あの人たちは許せない」と語ったが、当時に名指しされた芸人らは否定。マリエが約15年も前の話を蒸し返す“悪者”として幕引きとなった。

「SNSでも『売名行為だ』などと誹謗中傷を受け、“嘘つき”呼ばわりされていました。名前を出されたタレントは否定しているので、互いの主張に食い違いはあるのでしょうが、彼女も相手の名前を出してリスクの伴う告発をしていましたから、もう少し耳を傾けるべきだったのかもしれません。2022年には映画監督や俳優による性加害問題が世間を騒がせ、2023年にはジャニーズ事務所と、性加害問題に注目が集まりましたが、マリエさんの告発はそれ以前でしたからね。こうした反省を踏まえてか、現在はSNSでも同情の声が相次いでいます」(芸能ライター)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道