マリエ枕営業騒動 大物が明かした“情を通じた配役”の実態

公開日: 更新日:

 モデルのマリエ(33)が明かした芸能界における枕営業の実態が今も波紋を広げている。「同席していた」と名指しされた出川哲朗(57)は暗闇で突然後ろからバットで殴られた気持ちだろう。それくらい業界には衝撃が走った。見かねた武井壮(47)は自らのユーチューブで「芸能界は全然そんなところじゃないっすよ。すごい健全なところ」とフォローしてみせたが、この説明に納得した人は多くないはずだ。

 実際、現場の芸能プロダクション関係者を改めて取材してみても、「仕事を取るために行儀の悪いことをする芸能事務所があったとしても、あまり驚かない」と語る。知名度がさほど高くないタレントが、ドラマの準主役級の仕事や、高視聴率のバラエティ番組のレギュラーの仕事を取るためには、「それなりの代償を払うのが当然」という風潮がこの業界にはあるという。

■バーターが使えない弱小プロダクションの飛び道具

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る