長谷川博己は“ジリ貧”日曜劇場を救うか…西島秀俊「さよならマエストロ」が視聴率1ケタ陥落目前

公開日: 更新日:

 西島秀俊(52)主演の「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」を放送しているTBS日曜劇場。次の4月期は長谷川博己(46)主演の「アンチヒーロー」にバトンタッチするが、「長谷川さんなら絶対に“テコ入れ”してくれるはず」(ドラマ制作会社関係者)と期待が高まっている。

 長谷川の日曜劇場主演は2017年4月期から7年ぶり。「小さな巨人」で、所轄署に異動させられた元警視庁捜査一課係長を演じて以来だ。

「長谷川さんと言えば、あの鈴木京香さんと共演した2010年放送のNHK『セカンドバージン』、翌21年のテレビ東京の主演ドラマ『鈴木先生』あたりから、とりわけ女性人気は盤石に。『小さな巨人』は最終話で最高視聴率をマークし、その前の1月期に放送されたキムタク主演『A LIFE〜愛しき人〜』の最終話の数字を上回りました」(テレビ誌ライター)

 その後も2018年後期のNHK朝ドラ「まんぷく」ではヒロイン(安藤サクラ)の夫・立花萬平役(安藤百福がモデル)で準主演、2020年放送のNHK大河「麒麟がくる」では明智光秀役で主演し、いずれも好評だった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方