芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

宮崎あおい本格女優復帰に高いハードル…懸念材料は"主演"への強いこだわりと共演NGの存在

公開日: 更新日:

 宮崎あおい(38)の8年ぶり連続ドラマ出演となった先月放送の「ユーミンストーリーズ」(NHK)が好評で、視聴者からの続編&再演を望む声が同局に数多く届いているという。

「宮崎は2018年に第1子を出産して以来、本人の強い希望で子育てを優先して仕事は極力セーブしてきました。ですが昨年は朝の連続テレビ小説『らんまん』でナレーションを担当し、自身6年ぶりとなる映画『大名倒産』が6月に公開され、11月にはNetflixドラマ『クレイジークルーズ』も配信されました」(芸能関係者)

 宮崎にとって“追い風”となっているのは、夫・岡田准一(43)の旧ジャニーズ事務所、現「SMILE-UP.」からの独立だったと関係者の間ではいわれている。

「岡田のジャニーズ事務所からの退所・独立は、熟考したとはいえもろもろの準備も整わないうちの急な決定だったようです。そのため根回しの時間がなかったスケジュールはいったんリセットされ、しばらくは子育てに専念していたようです」(前出の芸能関係者)

 岡田が子供と一緒にいられる時間が増えたことで、宮崎も心置きなく仕事に入れたというわけか。ただ、宮崎の本格復帰に関して、業界内の一部からは不安視する声も聞こえてくる。宮崎も今年11月で39歳になる。年齢に見合った適役が、テレビ離れドラマ離れといわれているこの時代に見つかるかどうか、という問題が出てくる。

「何といっても22歳で大河ドラマ『篤姫』の主演を務めた類いまれな才能を持った女優です。それだけに番手で甘んじられるかどうか。主演女優という立ち位置へのこだわりは人一倍強いでしょうから、そのプライドが現実のオファーと上手に折り合いをつけることができるのか。ギャランティーも含めて、これがこれからの課題になっていくような気がします」(芸能プロダクション関係者)

 また、この関係者は「いい話が来ても、それがいわゆる“汚れ役”だったとしたら、宮崎が引き受けるのかどうかも不明」とも付け加えた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今