岸恵子 仏映画監督との18年の結婚生活に終止符

公開日:  更新日:

<1975年1月>

 1月20日午後7時過ぎ、羽田空港の到着ロビーに岸恵子(当時42)が現れると、その周りを報道陣がグルッと取り囲んだ。萩原健一と共演する映画「雨のアムステルダム」の撮影のためにパリから帰国。だが、記者たちの関心はそのことではなかった。夫で映画監督のフランス人イヴ・シャンピ氏との仲がどうなったのかを知りたかったのだ。

 前年の夏ごろから離婚のウワサが出ていた。「結論は出たんですか?」と記者から問われると、岸は「15日に2人で話し合い、別れることにしました」と答え、こう続けた。

「夫には2年前からイタリア人の彼女がいる。それだけが離婚の理由じゃないけど、関係を曖昧にしたままでは娘がかわいそうですから」

 岸がシャンピ氏と結婚したのは57年。前年公開されたシャンピ監督の日仏合作映画「忘れえぬ慕情」で岸が主演を務めたのがきっかけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る