岸恵子 仏映画監督との18年の結婚生活に終止符

公開日: 更新日:

<1975年1月>

 1月20日午後7時過ぎ、羽田空港の到着ロビーに岸恵子(当時42)が現れると、その周りを報道陣がグルッと取り囲んだ。萩原健一と共演する映画「雨のアムステルダム」の撮影のためにパリから帰国。だが、記者たちの関心はそのことではなかった。夫で映画監督のフランス人イヴ・シャンピ氏との仲がどうなったのかを知りたかったのだ。

 前年の夏ごろから離婚のウワサが出ていた。「結論は出たんですか?」と記者から問われると、岸は「15日に2人で話し合い、別れることにしました」と答え、こう続けた。

「夫には2年前からイタリア人の彼女がいる。それだけが離婚の理由じゃないけど、関係を曖昧にしたままでは娘がかわいそうですから」

 岸がシャンピ氏と結婚したのは57年。前年公開されたシャンピ監督の日仏合作映画「忘れえぬ慕情」で岸が主演を務めたのがきっかけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る