岸恵子 仏映画監督との18年の結婚生活に終止符

公開日: 更新日:

<1975年1月>

 1月20日午後7時過ぎ、羽田空港の到着ロビーに岸恵子(当時42)が現れると、その周りを報道陣がグルッと取り囲んだ。萩原健一と共演する映画「雨のアムステルダム」の撮影のためにパリから帰国。だが、記者たちの関心はそのことではなかった。夫で映画監督のフランス人イヴ・シャンピ氏との仲がどうなったのかを知りたかったのだ。

 前年の夏ごろから離婚のウワサが出ていた。「結論は出たんですか?」と記者から問われると、岸は「15日に2人で話し合い、別れることにしました」と答え、こう続けた。

「夫には2年前からイタリア人の彼女がいる。それだけが離婚の理由じゃないけど、関係を曖昧にしたままでは娘がかわいそうですから」

 岸がシャンピ氏と結婚したのは57年。前年公開されたシャンピ監督の日仏合作映画「忘れえぬ慕情」で岸が主演を務めたのがきっかけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る