再婚後に元内縁の夫とトラブルになった新藤恵美

公開日: 更新日:

<1991年11月>

 魔球を駆使して戦うボウリングドラマ「美しきチャレンジャー」(TBS)で主人公の小鹿みどりを演じて人気だった新藤恵美。美貌をほしいままに浮名を流し、74年に結婚した俳優の長谷川明男と離婚(78年)してからも、お色気女優として活躍した。

 もっとも、離婚直後から、元演劇宣伝マンでポスターなどの印刷会社を経営する男性と密かな交際を続けていたが、その男性と別れ、年下のマネジャーと90年3月に再婚したことでトラブルに発展する。

 新藤(当時42)とその男性の交際期間は10年に及んでいた。89年3月には再婚相手を交え、3人で話し合いも行われた。新藤は男性に2000万円の手切れ金と自動車などを渡し、さらに月30万~50万円の生活費を支払うという念書を書かされた。念書には法的拘束力はないにもかかわらず、新藤は何回か生活費を渡していた。別れる相手に見せた精いっぱいの誠意だったのだが、この念書が裏目に出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る