自宅で泥棒と大立ち回りを演じた尾藤イサオ

公開日:  更新日:

<1992年1月>

 歌手で俳優の尾藤イサオ(当時48)宅に強盗が侵入する事件があったのは92年1月。家にいて異変に気づき、娘とともに強盗に立ち向かい大立ち回りを繰り広げて話題になった。

 25日午後11時過ぎ、東京都杉並区の自宅2階の居間で、尾藤は妻と次女とテレビの「大相撲ダイジェスト」を見ながらくつろいでいた。

 そこに外出していた長女の桃子(当時16)が帰宅し、妙なものを見たと家族に報告した。「家の3階の私たち姉妹の部屋で懐中電灯の明かりのようなものが動いている」というのだ。

 尾藤は娘2人を連れて3階に向かう。まず明かりが見えたという姉妹の部屋に入ってみる。何かがおかしい。ちゃんと閉めてあったはずの洋服だんすの扉が開いている。確かに妙だ。やはり侵入者がいるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る