自宅で泥棒と大立ち回りを演じた尾藤イサオ

公開日:  更新日:

<1992年1月>

 歌手で俳優の尾藤イサオ(当時48)宅に強盗が侵入する事件があったのは92年1月。家にいて異変に気づき、娘とともに強盗に立ち向かい大立ち回りを繰り広げて話題になった。

 25日午後11時過ぎ、東京都杉並区の自宅2階の居間で、尾藤は妻と次女とテレビの「大相撲ダイジェスト」を見ながらくつろいでいた。

 そこに外出していた長女の桃子(当時16)が帰宅し、妙なものを見たと家族に報告した。「家の3階の私たち姉妹の部屋で懐中電灯の明かりのようなものが動いている」というのだ。

 尾藤は娘2人を連れて3階に向かう。まず明かりが見えたという姉妹の部屋に入ってみる。何かがおかしい。ちゃんと閉めてあったはずの洋服だんすの扉が開いている。確かに妙だ。やはり侵入者がいるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る