自宅で泥棒と大立ち回りを演じた尾藤イサオ

公開日: 更新日:

<1992年1月>

 歌手で俳優の尾藤イサオ(当時48)宅に強盗が侵入する事件があったのは92年1月。家にいて異変に気づき、娘とともに強盗に立ち向かい大立ち回りを繰り広げて話題になった。

 25日午後11時過ぎ、東京都杉並区の自宅2階の居間で、尾藤は妻と次女とテレビの「大相撲ダイジェスト」を見ながらくつろいでいた。

 そこに外出していた長女の桃子(当時16)が帰宅し、妙なものを見たと家族に報告した。「家の3階の私たち姉妹の部屋で懐中電灯の明かりのようなものが動いている」というのだ。

 尾藤は娘2人を連れて3階に向かう。まず明かりが見えたという姉妹の部屋に入ってみる。何かがおかしい。ちゃんと閉めてあったはずの洋服だんすの扉が開いている。確かに妙だ。やはり侵入者がいるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る