自宅で泥棒と大立ち回りを演じた尾藤イサオ

公開日: 更新日:

<1992年1月>

 歌手で俳優の尾藤イサオ(当時48)宅に強盗が侵入する事件があったのは92年1月。家にいて異変に気づき、娘とともに強盗に立ち向かい大立ち回りを繰り広げて話題になった。

 25日午後11時過ぎ、東京都杉並区の自宅2階の居間で、尾藤は妻と次女とテレビの「大相撲ダイジェスト」を見ながらくつろいでいた。

 そこに外出していた長女の桃子(当時16)が帰宅し、妙なものを見たと家族に報告した。「家の3階の私たち姉妹の部屋で懐中電灯の明かりのようなものが動いている」というのだ。

 尾藤は娘2人を連れて3階に向かう。まず明かりが見えたという姉妹の部屋に入ってみる。何かがおかしい。ちゃんと閉めてあったはずの洋服だんすの扉が開いている。確かに妙だ。やはり侵入者がいるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る