河合奈保子の娘「kaho」 母親譲りの“要素”で高まる期待

公開日: 更新日:

 80年代に一世を風靡(ふうび)したアイドル・河合奈保子(50)といえば、オトーサン世代には懐かしい。その河合の愛娘が歌手デビューし、話題になっている。

 kaho(14)という名で活動を開始。6歳からピアノに慣れ親しみ、自身で作詞作曲を手がけるシンガー・ソングライターというから本格派だ。デビュー曲「every hero」はいきなり、堀北真希主演のドラマ「ミス・パイロット」(フジテレビ)の主題歌という大抜擢。力強く大人びた歌唱力とリズム感の持ち主として、「宇多田ヒカル2世」と一部メディアで報じられた。

 それもうなずける。宇多田も藤圭子の娘としてデビューしたし、子供時代を海外で過ごした経験や、デビューの年齢もほぼ同じ。加えて、河合の夫でkahoの父親である金原宜保氏はかつて宇多田のヘアメークを担当。同じ音楽プロデューサーが手がけているからか、楽曲もどことな~く似ているような。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る