• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

河合奈保子 番組収録中、奈落に落ちる事故

<1981年10月>

 朝ドラ「あまちゃん」で、這い上がろうとするアイドルがダンスを練習する場所として連日登場しているのが奈落。河合奈保子が誤ってここに落ちたのは81年10月。

 5日夕、東京・渋谷のNHKホールでは7時から収録が始まる人気歌番組「レッツゴーヤング」のリハーサルが行われていた。河合は同じ事務所の先輩、西城秀樹の楽屋で談笑していたが、4時過ぎに河合を呼び出すアナウンスを聞いて元気よくステージに向かった。

 4時20分、進行係の「出番です」の声に促されて舞台の下手から指定されていた位置へと飛び出すように駆け出した。指示のあった河合の立ち位置は深さ4メートルの奈落のすぐそば。彼女は視力0.06の近視だが、体質的にコンタクトはつけられない。しかも、ステージは本番前で薄暗い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る