国際免許無効を知らずに事故を起こした松崎しげる

公開日: 更新日:

<2006年11月>

 独特の浅黒い肌がトレードマークで、ヒット曲「愛のメモリー」やTBSドラマ「噂の刑事トミーとマツ」で知られる松崎しげる。06年11月に起こした事故が思わぬ波紋を呼んだ。

 11月2日、午前10時過ぎのこと。都内で車を止めた松崎(当時56)が降りようと運転席のドアを開けた時、後方から走ってきたバイクがドアにぶつかった。バイクは転倒し、運転していた24歳の美容師男性は肘や手に1週間の軽傷を負った。

 事故そのものは大きなものではなく、男性との示談も成立した。ところが、この時、松崎は米国発行の国際免許で運転しており、これが大きな問題となった。

 初めて自動車運転免許を取ったのは89年、ロサンゼルスで。当時は日本とアメリカを往復する生活で、ロスのスタジオで長期間仕事をすることもあった。自分でスタジオに移動することもあって現地で免許を取得。当初、米国内だけでの運転を考えていたが、国際免許を発行してもらえば日本でも運転できるとアドバイスされ、実際に日本でも乗り始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る