勝野洋・キャシー中島 出会ってわずか1カ月でスピード婚約

公開日: 更新日:

<1978年12月>

「来年は絶対、結婚します」
 暮れも押し迫った12月30日、「独占!女の60分」(テレビ朝日)の放送中にレギュラーリポーターのキャシー中島(当時26)はこう宣言した。この時、だれも気に留める者はいなかったが、それが確信に裏打ちされた言葉だったことが数日後に判明する。

 年は変わって79年1月3日。別の取材でハワイに来ていた女性週刊誌記者はプリンセス・カイウラニ・ホテルのロビーで男性と腕を組んで歩くキャシーとばったり遭遇。相手の男性はドラマ「姿三四郎」(日本テレビ)に出演中の勝野洋(当時29)だった。記者に見られているのに気づくと2人は逃げるようにエレベーターの中に姿を消した。

 連絡を受けた同誌の別の記者が1月5日、帰国した勝野を成田空港で直撃。キャシーとの仲について問われると「一緒に歩いていたからと、すぐに結婚するものではないでしょ」と否定した。その翌日、帰国したキャシーも「知り合ったのは12月に入ってから。『太陽にほえろ!』でテキサス刑事をやっていた頃から勝野さんのファンだけど、そんな短い期間で結婚までは……」と、やはり否定の口ぶり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る