勝野洋・キャシー中島 出会ってわずか1カ月でスピード婚約

公開日:  更新日:

<1978年12月>

「来年は絶対、結婚します」
 暮れも押し迫った12月30日、「独占!女の60分」(テレビ朝日)の放送中にレギュラーリポーターのキャシー中島(当時26)はこう宣言した。この時、だれも気に留める者はいなかったが、それが確信に裏打ちされた言葉だったことが数日後に判明する。

 年は変わって79年1月3日。別の取材でハワイに来ていた女性週刊誌記者はプリンセス・カイウラニ・ホテルのロビーで男性と腕を組んで歩くキャシーとばったり遭遇。相手の男性はドラマ「姿三四郎」(日本テレビ)に出演中の勝野洋(当時29)だった。記者に見られているのに気づくと2人は逃げるようにエレベーターの中に姿を消した。

 連絡を受けた同誌の別の記者が1月5日、帰国した勝野を成田空港で直撃。キャシーとの仲について問われると「一緒に歩いていたからと、すぐに結婚するものではないでしょ」と否定した。その翌日、帰国したキャシーも「知り合ったのは12月に入ってから。『太陽にほえろ!』でテキサス刑事をやっていた頃から勝野さんのファンだけど、そんな短い期間で結婚までは……」と、やはり否定の口ぶり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る