勝野洋・キャシー中島 出会ってわずか1カ月でスピード婚約

公開日: 更新日:

<1978年12月>

「来年は絶対、結婚します」
 暮れも押し迫った12月30日、「独占!女の60分」(テレビ朝日)の放送中にレギュラーリポーターのキャシー中島(当時26)はこう宣言した。この時、だれも気に留める者はいなかったが、それが確信に裏打ちされた言葉だったことが数日後に判明する。

 年は変わって79年1月3日。別の取材でハワイに来ていた女性週刊誌記者はプリンセス・カイウラニ・ホテルのロビーで男性と腕を組んで歩くキャシーとばったり遭遇。相手の男性はドラマ「姿三四郎」(日本テレビ)に出演中の勝野洋(当時29)だった。記者に見られているのに気づくと2人は逃げるようにエレベーターの中に姿を消した。

 連絡を受けた同誌の別の記者が1月5日、帰国した勝野を成田空港で直撃。キャシーとの仲について問われると「一緒に歩いていたからと、すぐに結婚するものではないでしょ」と否定した。その翌日、帰国したキャシーも「知り合ったのは12月に入ってから。『太陽にほえろ!』でテキサス刑事をやっていた頃から勝野さんのファンだけど、そんな短い期間で結婚までは……」と、やはり否定の口ぶり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る