郷ひろみ 渋谷交差点ゲリラライブ騒動

公開日: 更新日:

■1999年8月

 1999年8月30日午後5時。普段から買い物客でごった返す東京・渋谷駅前はいつもと少し様子が違っていた。月曜の夕方という時間帯にもかかわらず、ハチ公前交差点には1000人を超える人だかりができるなどいつにもまして多くの人が集まり、異様な雰囲気が漂っていた。

 居合わせた人は「何があるの?」「誰か来るの?」と口にしながら次々と立ち止まり、通りに集まる人の数は増える一方。その時109パートIIのクリアビジョンには郷ひろみ(当時43)の姿が映し出されていた。

 5時15分過ぎ、どこからともなく11トンの大型トレーラーが現れて停車し、コンテナの側面部分がパカッと開いた。中にはステージがしつらえられており、4人のダンサーを従えてイエローのシャツに身を包んだ郷ひろみが立っていた。

「郷だ!」「ひろみだ!」と叫ぶ約2万人の群集は歩道からあふれ、車道にもなだれ込んだ。リッキー・マーティンのヒット曲「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ」をカバーした郷の新曲「GOLDFINGER’99」のイントロが始まると交差点はパニック状態。郷は歌って踊って、投げキッス。観客は大歓声をあげて踊り出し、サビの「A CHICHI A CHI」では大合唱も起きた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  10. 10

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

もっと見る