郷ひろみ 渋谷交差点ゲリラライブ騒動

公開日: 更新日:

■1999年8月

 1999年8月30日午後5時。普段から買い物客でごった返す東京・渋谷駅前はいつもと少し様子が違っていた。月曜の夕方という時間帯にもかかわらず、ハチ公前交差点には1000人を超える人だかりができるなどいつにもまして多くの人が集まり、異様な雰囲気が漂っていた。

 居合わせた人は「何があるの?」「誰か来るの?」と口にしながら次々と立ち止まり、通りに集まる人の数は増える一方。その時109パートIIのクリアビジョンには郷ひろみ(当時43)の姿が映し出されていた。

 5時15分過ぎ、どこからともなく11トンの大型トレーラーが現れて停車し、コンテナの側面部分がパカッと開いた。中にはステージがしつらえられており、4人のダンサーを従えてイエローのシャツに身を包んだ郷ひろみが立っていた。

「郷だ!」「ひろみだ!」と叫ぶ約2万人の群集は歩道からあふれ、車道にもなだれ込んだ。リッキー・マーティンのヒット曲「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ」をカバーした郷の新曲「GOLDFINGER’99」のイントロが始まると交差点はパニック状態。郷は歌って踊って、投げキッス。観客は大歓声をあげて踊り出し、サビの「A CHICHI A CHI」では大合唱も起きた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る