山本直純 謹慎を強いられた無免許運転騒動

公開日: 更新日:

■1978年8月

 クラシックの作曲、指揮に加え、「男はつらいよ」シリーズなどの映画音楽、「大きいことはいいことだ」の森永エールチョコレートCMなどでも有名な山本直純。78年8月、45歳の時に無免許運転の上、制止した警官を振り払って逃走する騒ぎを起こし、世間を驚かせた。

 8月6日、山本夫妻は午後2時ごろに銀座のステーキハウスで食事をしたが、このときから怒鳴りあいのケンカをするなど不穏な空気が漂っていたという。

 居合わせた客からは、夫人が鉄板に右手をついてヤケドをしたようだという証言も出るほどだった。その後、夫妻は東銀座の映画館で山本が音楽を担当した「男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく」を観賞した。

 事件が起きたのはその帰り道、午後7時40分ごろだった。警視庁三田警察署の警察官が薄暗い中を無灯火で走る乗用車を停止させ、運転している山本に免許証の提示を求めた。しかし、車を急発進して、窓に手をかけた警察官は約9メートル引きずられて全治1週間のケガを負った。山本はその場に居合わせたタクシーの制止も振りきりそのまま逃走した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る