森高千里 顎関節症でコンサート活動休止騒動

公開日:  更新日:

■1994年4月

 ミニのコスプレで観客を魅了するビジュアル路線でブレークし、従来のアイドルとは一線を画す世界を誕生させた森高千里。“森高ワールド”を爆発させ、コンサートの女王とも呼ばれ、大人気だったが、25歳の誕生日を前に、顎関節症で1年間のコンサート活動中止に追い込まれる騒ぎとなった。

 森高があごの異常を訴えたのは、「私がオバさんになっても」がヒットしていた92年7月ごろ。その後も活動を続け、「渡良瀬橋」「私の夏」とヒット曲を連発したが、その一方であごの症状は改善しなかった。

 94年4月1日、病気を公表して休養する方がファンにも納得してもらえると考え、「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の番組内で「ずっと歌っているとあごがおかしくなって、口が開かなくなるんです」と、コンサート活動の休止を報告した。担当医は「強度のあごの運動障害と関節部痛が認められる。身体的な負担が大きくなれば症状が悪化するおそれがある」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る