日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

森高千里 顎関節症でコンサート活動休止騒動

■1994年4月

 ミニのコスプレで観客を魅了するビジュアル路線でブレークし、従来のアイドルとは一線を画す世界を誕生させた森高千里。“森高ワールド”を爆発させ、コンサートの女王とも呼ばれ、大人気だったが、25歳の誕生日を前に、顎関節症で1年間のコンサート活動中止に追い込まれる騒ぎとなった。

 森高があごの異常を訴えたのは、「私がオバさんになっても」がヒットしていた92年7月ごろ。その後も活動を続け、「渡良瀬橋」「私の夏」とヒット曲を連発したが、その一方であごの症状は改善しなかった。

 94年4月1日、病気を公表して休養する方がファンにも納得してもらえると考え、「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の番組内で「ずっと歌っているとあごがおかしくなって、口が開かなくなるんです」と、コンサート活動の休止を報告した。担当医は「強度のあごの運動障害と関節部痛が認められる。身体的な負担が大きくなれば症状が悪化するおそれがある」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事