田代まさし 執行猶予明け目前の覚醒剤逮捕

公開日: 更新日:

■2004年9月

 先月17日に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されたASKAのように薬物で逮捕される芸能人は多い。2000年9月、パンチラ盗撮で「ミニにタコができる」の言い訳が記憶に残る元ラッツ&スターの田代まさしも芸能界追放の致命傷となったのは、その後に起こした薬物事件だった。

 盗撮事件後、一時活動を休止していた田代だが10カ月ほどで復帰。その後もたびたびテレビに出演するようになった。しかし、01年12月、近所の男性宅の風呂場をのぞいて軽犯罪法違反で逮捕された田代の自宅から覚醒剤が発見されて、これが薬物で最初の逮捕となった。事件を受けて所属事務所は契約を解除し、収録済みのテレビ番組も田代の出演シーンがすべてカットされ、巨額の賠償金が請求される騒ぎとなった。

 この時は執行猶予付きの判決で“塀の中”には行かずに済んだ。ほどなく裏方とはいえVシネマ監督として芸能関係の活動を再開、その後はテレビへの復帰も検討されるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る