• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

田代まさし 執行猶予明け目前の覚醒剤逮捕

■2004年9月

 先月17日に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されたASKAのように薬物で逮捕される芸能人は多い。2000年9月、パンチラ盗撮で「ミニにタコができる」の言い訳が記憶に残る元ラッツ&スターの田代まさしも芸能界追放の致命傷となったのは、その後に起こした薬物事件だった。

 盗撮事件後、一時活動を休止していた田代だが10カ月ほどで復帰。その後もたびたびテレビに出演するようになった。しかし、01年12月、近所の男性宅の風呂場をのぞいて軽犯罪法違反で逮捕された田代の自宅から覚醒剤が発見されて、これが薬物で最初の逮捕となった。事件を受けて所属事務所は契約を解除し、収録済みのテレビ番組も田代の出演シーンがすべてカットされ、巨額の賠償金が請求される騒ぎとなった。

 この時は執行猶予付きの判決で“塀の中”には行かずに済んだ。ほどなく裏方とはいえVシネマ監督として芸能関係の活動を再開、その後はテレビへの復帰も検討されるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る