団塊ジュニアが汗だく キャバクラ化する「地下アイドル」急増

公開日: 更新日:

「地下アイドル」にオジサンたちが夢中になっている。小規模なライブ会場を中心に活動しているアングラのアイドルのことだ。

「地下アイドルは全国で現在1000組以上あり、急激な勢いで増えている。要は、簡単に作れるからです。極端な話、一般人が若い女の子を集めて『地下アイドル』を名乗れば、グループができます」(業界関係者)

 人気の秘密はグループの多様性らしい。地方で作られる「ご当地アイドル」のような清純派から、ライブ後にハグできる過激なサービスが売りのグループまで。
 地下アイドルでも特に人気があるアリスプロジェクトの「仮面女子」は総勢40人、秋葉原で活動し、「ダイブするアイドル」として注目を集めている。あのAKB48にも迫る勢いだという。

「仮面女子は通常は仮面をかぶり、ライブに来たファンだけが素顔を見られるのが特徴です。ライブは毎日開き、公演回数は年間1000本を超え、現在ギネスに申請中。多い時は1日600人以上のお客さんに来ていただけます。CDの売り上げも好調で、出せば10万枚以上は買っていただけるようになりました。今年9月には初の海外公演もする予定です」(アリスプロジェクト担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  9. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 10

    コロナ禍で強行 麻生派「飲食なし」2万円パーティーの中身

もっと見る