団塊ジュニアが汗だく キャバクラ化する「地下アイドル」急増

公開日: 更新日:

「地下アイドル」にオジサンたちが夢中になっている。小規模なライブ会場を中心に活動しているアングラのアイドルのことだ。

「地下アイドルは全国で現在1000組以上あり、急激な勢いで増えている。要は、簡単に作れるからです。極端な話、一般人が若い女の子を集めて『地下アイドル』を名乗れば、グループができます」(業界関係者)

 人気の秘密はグループの多様性らしい。地方で作られる「ご当地アイドル」のような清純派から、ライブ後にハグできる過激なサービスが売りのグループまで。
 地下アイドルでも特に人気があるアリスプロジェクトの「仮面女子」は総勢40人、秋葉原で活動し、「ダイブするアイドル」として注目を集めている。あのAKB48にも迫る勢いだという。

「仮面女子は通常は仮面をかぶり、ライブに来たファンだけが素顔を見られるのが特徴です。ライブは毎日開き、公演回数は年間1000本を超え、現在ギネスに申請中。多い時は1日600人以上のお客さんに来ていただけます。CDの売り上げも好調で、出せば10万枚以上は買っていただけるようになりました。今年9月には初の海外公演もする予定です」(アリスプロジェクト担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る