小向美奈子がまた覚醒剤逮捕 「テンション変だった」の声も

公開日:  更新日:

 AV女優の小向美奈子(29)がまただ。6日、覚せい剤所持の疑いで現行犯逮捕された。関東信越厚生局麻薬取締部が小向の住む渋谷区恵比寿のマンションを家宅捜索し、覚醒剤が約0.1グラム確認された。

 小向は2009年1月にも覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕され、2011年2月に同容疑で再び逮捕状が出たときには、フィリピン・マニラに出国して大騒ぎになった。今回で覚醒剤絡みの逮捕は3度目だ。

 AV業界に転身した小向は昨年11月、アダルトビデオの感謝祭「AV OPEN 2014」でノミネート作品中1位の売上を記録し、500万円相当の純金ディスクなどを獲得したばかり。自慢のスライム乳を波打たせて登壇し、来場者をどよめかせたものだが、会場にいた関係者は「思い返せば、このときも少し様子がおかしかった」とこう話す。

「受賞したほかのAV女優が謙虚に喜びのコメントを述べるなか、マイクを手にした小向はグラドル時代の清純な印象とはうって変わって、『だって、(1位を取れないと)やる意味ないじゃん、アタシが』などと横柄な態度でした。年配のプロデューサーにも『やったじゃん』とタメ口で話すなど、変なテンションだなとは思っていたんです。過去を振り切った彼女の新しい姿勢だと捉えることもできましたが、まさかまた逮捕とは……」(同関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る