• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小向美奈子がまた覚醒剤逮捕 「テンション変だった」の声も

 AV女優の小向美奈子(29)がまただ。6日、覚せい剤所持の疑いで現行犯逮捕された。関東信越厚生局麻薬取締部が小向の住む渋谷区恵比寿のマンションを家宅捜索し、覚醒剤が約0.1グラム確認された。

 小向は2009年1月にも覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕され、2011年2月に同容疑で再び逮捕状が出たときには、フィリピン・マニラに出国して大騒ぎになった。今回で覚醒剤絡みの逮捕は3度目だ。

 AV業界に転身した小向は昨年11月、アダルトビデオの感謝祭「AV OPEN 2014」でノミネート作品中1位の売上を記録し、500万円相当の純金ディスクなどを獲得したばかり。自慢のスライム乳を波打たせて登壇し、来場者をどよめかせたものだが、会場にいた関係者は「思い返せば、このときも少し様子がおかしかった」とこう話す。

「受賞したほかのAV女優が謙虚に喜びのコメントを述べるなか、マイクを手にした小向はグラドル時代の清純な印象とはうって変わって、『だって、(1位を取れないと)やる意味ないじゃん、アタシが』などと横柄な態度でした。年配のプロデューサーにも『やったじゃん』とタメ口で話すなど、変なテンションだなとは思っていたんです。過去を振り切った彼女の新しい姿勢だと捉えることもできましたが、まさかまた逮捕とは……」(同関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る