AV出演70本以上 東大卒「元日経美人記者」の仰天過去

公開日:  更新日:

 日経新聞でバリバリ働く美人記者にAV女優の過去があった─―。発売中の「週刊文春」がスッパ抜いて、新聞業界もAV業界も大騒ぎだ。

 AVに出演していた女性記者は、佐藤るりクン(女優名)。慶応の環境情報学部を卒業後、東大大学院に進み、09年に日経に入社。6年半勤めて先月退社した。長らく都庁クラブで都政を取材していたという。都庁クラブに籍を置くライバル紙の記者が言う。

「とにかく目立つ記者でした。おっとりした雰囲気なのにボディコンみたいな服装ばかり。胸の谷間を強調するような格好も多かったですね。男性記者は目のやり場に困っていましたが、デレデレ鼻の下を伸ばしている都庁の役人もいました」

■パイズリ、3P、SMと内容は過激に…

 そんな、るりクンのデビュー作品は07年発売の「ロリボイン」。自慢のGカップ乳でパイズリしたり、3Pで男優のイチモツをくわえながら背後からなぶられる。単体では12作、企画女優も含めると70本以上に出演しているのだが、内容はどんどん過激になっていき、「蛇縛の極道挽歌2」ではSMに挑戦。猿ぐつわをかまされ、緊縛プレーに挑戦している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る