芸能界蝕む薬物コネクション“六本木ルート”元締の正体とは

公開日: 更新日:

 大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された、KAT―TUNの元メンバー・田口淳之介被告(33)と元女優・小嶺麗奈被告(38)の初公判が、東京地裁で7月11日に開かれることになった。

 2人は5月22日、一緒に住んでいた東京都世田谷区のマンションで乾燥大麻約2・2グラムを所持したとして逮捕・起訴。その後、今月7日にいずれも保証金300万円を納付して保釈された。

「保釈の際、結果的に田口被告が身柄のあった警察署の表口で報道陣を引きつけている間に、小嶺被告が手薄な裏口から帰っていった。現在、2人は会うのを禁止されているが、公判では互いのことをかばい合うのではとみられている」(芸能ライター)

 注目されているのが2人の薬物の入手先だ。小嶺が以前から東京・六本木の飲食店に出入りしていたことから、「六本木ルート」に注目が集まっているというが、その“元締”の名前が浮上しているという。

「ある芸能人の親族から多くの芸能人が入手しているようだ。その人物の親族も以前、薬物使用疑惑が浮上していたが、まだ逮捕されていない。すでにその“元締”は捜査当局から逮捕されている」(全国紙社会部記者)

 芸能界は大混乱に陥りそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る