ピエール瀧や新井浩文も?拳銃所持の監督逮捕で繋がる“点”

公開日: 更新日:

「ピエール瀧被告の事件と何か関係があるのか」(芸能プロ関係者)なんて、うがった見方も出てきている。又吉直樹原作の映画「火花」の脚本を担当した映画監督・豊田利晃容疑者(50=東京都狛江市)が、拳銃所持の疑いで18日に逮捕された事件のことだ。

「もともと静岡県警三島署や薬物銃器対策課、厚労省東海北陸厚生局麻薬取締部(マトリ)の合同捜査本部が、ある薬物関連のヤマを追っていたら、豊田の名前が浮かんできた。一人暮らしをしている豊田容疑者の自宅を薬物の方でガサ入れしたところ、たまたま部屋から回転式拳銃が1丁出てきたのです。18日午後2時13分、現行犯逮捕となりました」(捜査事情通)

 豊田容疑者の認否は明らかにされていないが、要するに“本筋”は拳銃ではなく薬物というわけだ。

 大阪市出身の豊田容疑者は、9歳でプロ棋士を目指す関西奨励会に入るも、才能に見切りをつけて17歳で退会。大阪で職を転々とした後、21歳で上京し、映画製作会社へ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る