本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

1960年代後半 「闘争」とは男たちの最大の娯楽だった

公開日: 更新日:

 東洋最大の殷賑地帯、新宿・歌舞伎町。野田青年がバーテンダーやディスコのボーイをしていた1960年代後半、歌舞伎町はいまよりも危険な街だった。

 横須賀港に寄港してつかの間のバカンスを味わおうと上陸する米兵たちのなかには拳銃を持っているやつもいた。

 夜の街に繰り出す俳優や歌手でも、コルト拳銃を懐にしのばせるやからがいた。当時、拳銃マニアだったベテラン歌手、横綱、作家が相次ぎ書類送検されたように世の中に拳銃は蔓延していた。

 野田義治が証言する。

「僕が先輩から教えられたのは、先手必勝だぞってこと。なんでもいいからモノは持てって。かっこつけるなって。僕が持ったのはお店のシャッターを下ろすときに使う細い鉄パイプ。そいつを常に横に置いといた」

 同僚には両手の小指を落とした者もいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る