沢尻エリカの“彼氏” 芸能界「薬物シンジケート」の可能性

公開日: 更新日:

 沢尻エリカ容疑者(33)と不法薬物共同所持の疑いで、ファッションデザイナーの横川直樹容疑者(38)が26日逮捕された。沢尻容疑者とは2011年ごろから交際、今年6月までは母親も住む沢尻宅で同居し、別れては復縁を繰り返す間柄だったという。

 そんな横川容疑者は、芸能界など各業界に顔が広いというが、本業のはずのファッション業界では無名のようなのだ。

■本業はプッシャー

「メンズファッション業界は非常に狭くて、人脈や工場、取引先などすぐ素性がわかるものですが、誰に聞いてもわかりません。毎シーズン本当に販売しているとは思えない。メンズは市場規模が小さいので、毎晩クラブで遊び歩けるほど稼ぐのは相当名前の通ったブランドのトップだけ。素性のわからない人はたいてい本業がプッシャー(密売人)で、隠れみのと趣味を兼ねてアパレルをやっている人が多いんです。税金対策や資金洗浄したい金持ちをパトロンにつけて運転資金を稼ぎ、海外に行ってはドラッグを仕入れてくる。特にレゲエやヒップホップなど音楽と深く関わるブランドというのも怪しい」(メンズアパレルデザイナー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る