城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

不起訴でも復帰は遠い…沢尻エリカが干されるのはいつまで

公開日: 更新日:

 合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)だが、尿検査の結果、違法薬物の成分が検出されなかった。

 これで“使用”での起訴はなくなった。それだけでなく、“所持”容疑での起訴もどうなるか分からなくなってきた。

 家宅捜索を受けた際、自ら「ここに(薬物が)あります」と申し出たので所持は確定扱いだったが、ここに来て「彼氏のものを預かっていた」と供述しているとされる。

 知人の弁護士によれば、「彼氏のものだからMDMAだと思ったが、正確には分からなかった」と言うことも可能だという。発見された量も少ないということだ。

 取り調べの中で沢尻容疑者は「10年ほど前から使用した。これまでに大麻、LSD、コカイン、MDMAを使った」と供述していたそうだが、すでに“過去”の話であり、使用した日時も証拠も特定できない状態では、過去の使用歴では起訴まで持ち込めない。さらに、敏腕の弁護士がついたことで「すでに大きな社会的制裁を受けている」ことを考慮材料とし、再犯に及ばないことを誓約させるなどすれば、起訴猶予、あるいは証拠不十分で不起訴まで考えられるという。不起訴になれば、この先も「前科はない」(起訴猶予には前歴が付く)ということになる。つまり、無罪扱いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る