城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

不起訴でも復帰は遠い…沢尻エリカが干されるのはいつまで

公開日: 更新日:

 合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)だが、尿検査の結果、違法薬物の成分が検出されなかった。

 これで“使用”での起訴はなくなった。それだけでなく、“所持”容疑での起訴もどうなるか分からなくなってきた。

 家宅捜索を受けた際、自ら「ここに(薬物が)あります」と申し出たので所持は確定扱いだったが、ここに来て「彼氏のものを預かっていた」と供述しているとされる。

 知人の弁護士によれば、「彼氏のものだからMDMAだと思ったが、正確には分からなかった」と言うことも可能だという。発見された量も少ないということだ。

 取り調べの中で沢尻容疑者は「10年ほど前から使用した。これまでに大麻、LSD、コカイン、MDMAを使った」と供述していたそうだが、すでに“過去”の話であり、使用した日時も証拠も特定できない状態では、過去の使用歴では起訴まで持ち込めない。さらに、敏腕の弁護士がついたことで「すでに大きな社会的制裁を受けている」ことを考慮材料とし、再犯に及ばないことを誓約させるなどすれば、起訴猶予、あるいは証拠不十分で不起訴まで考えられるという。不起訴になれば、この先も「前科はない」(起訴猶予には前歴が付く)ということになる。つまり、無罪扱いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景