NHKは沢尻エリカ容疑者から本当に賠償や違約金を取れるの

公開日: 更新日:

 放送中の大河ドラマいだてん~東京オリムピック噺~」に出演していたピエール瀧が、コカイン使用で起訴された時、NHKは「何らかの賠償を検討したい」とコメントしたが、有罪判決を受けた後も賠償を請求したという話は聞かない。今回の沢尻容疑者に関しても、「警察の捜査の状況を見ながら対応する」と慎重なのは、賠償請求がそう簡単ではないことがわかっているからだろう。

「ましてや、民放は放送中止で芸能事務所に貸しをつくって、なかなか出演してもらえない別の人気タレントを優先的に回してもらった方が得ですから、賠償金なんて請求しませんよ」(テレビ番組制作会社幹部)

 そもそも、沢尻容疑者が起訴されるかどうかは微妙なところで、不起訴・起訴猶予になった場合、沢尻容疑者側が容疑を全面否認して、番組出演とギャラ支払いの契約継続をテレビ局に求めることだって、あるかもしれない。

 沢尻容疑者の主任弁護人は、無罪請負人と呼ばれる河津博史弁護士だ。まだまだ、エリカ絶体絶命ということでもないだろう。

(コラムニスト・海原かみな)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  4. 4

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  5. 5

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  6. 6

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  9. 9

    先行解除で“コロナ変異株”感染爆発の恐怖…既に市中感染か

  10. 10

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

もっと見る