ドリカム紅白出場も“身体検査”で消滅か…背景に沢尻騒動

公開日: 更新日:

 11月14日にNHKが発表した大みそかの「紅白歌合戦」の出場歌手に、ファン待望の「DREAMS COME TRUE」の名前はなかった。

 担当プロデューサーは「今年の活躍、世論の支持、番組の企画・演出を考えた」と、選考理由を明かしたが、「パプリカ」を歌うFoorinや菅田将暉(26)、日向坂46など、予想通りの初出場歌手の名前が並ぶ一方で、昨年初出場で、今年も大活躍の米津玄師(28)やあいみょん(24)、朝ドラ「なつぞら」の主題歌「優しいあの子」を担当したスピッツの名前はなかった。

 加えて、往年の紅白ファンを落胆させたのが、いわゆる“返り咲き組”が全くいない点だ。

「昨年は、『U.S.A.』をヒットさせたDA PUMPが16年ぶりに返り咲き、松任谷由美さんが7年ぶり3度目の出場を果たしました。今年は誰になるのかと、紅白ウオッチャーの間で予想合戦がヒートアップ。小林幸子さんを筆頭に、倉木麻衣さんなどの名前も上がっていましたが、一番期待されていたのは、やはりドリカムです」(芸能ライターの弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  7. 7

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  8. 8

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  9. 9

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る