北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

山之内すず 映画「人狼ゲーム」出演が決まった意外な理由

公開日: 更新日:

山之内すず(やまのうち・すず=19歳、T163、B76・W55・H81)

 人呼んで“10代のカリスマ”。動画配信アプリTikTokで火が着き、若年層の知名度は抜群。最近は情報バラエティ系の地上波番組のゲスト出演が殺到状態。芸能界で“すず”と言えば、“広瀬すず”一択ではもはや時代遅れの印象も漂いつつある……。若年層の視聴者をテレビに呼び戻せるかもしれない、切り札的存在です。

 かく言う私、還暦を過ぎていますが、今年初めに放映された「PayPay」CMで一撃! 「このコは誰や?」状態になりました。自他共に認める“短髪美少女には目がない”体質。「あっぱれさんま大先生」で前田愛を発見した時(1994年)に匹敵するインパクトでありました。気が付いちゃえば、年令に関係なく、誰もが魅了されてしまう、明るく元気なキャラクターに思えます。

 そんな彼女が本格的に演技に挑戦した映画「人狼ゲーム デスゲームの運営人」が公開中。その舞台挨拶に登壇したのを取材できました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る