北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

グラドル界の邪道? 牧野澪菜は144cm&Dカップの大人美女

公開日: 更新日:

牧野澪菜(まきの・れいな=25歳、T144、B76・W61・H89)

 グラドル界では「童顔巨乳」系が王道と言われてきました(私が提唱しちゃった部分もありますが)。特にイメージDVDでは、揺れるオッパイはとても重要なのですが、それで大人顔だとアイドルファン的にはセクシー度が過剰になってしまうので、「童顔」で「巨乳」が理想なわけです。童顔でミニマムだったり、童顔でスレンダー(貧乳)で、18歳以上の場合は「合法ロリ」系とか、また別の需要があったりもします。

 という意味では、この牧野澪菜サンは、身長144センチのミニマムボディなのにもかかわらず、よく見たら大人美女顔で、しかもバストはDカップとそれなりに……。これは「グラドル界の邪道?」とふと思ったのです。今回は特に25歳を意識した大人な深緑の水着を着用していたせいもありますが。

 しかし、昨年グラビアデビューして、早くも4作目のイメージDVDのリリース。今年になって3作品目とのこと、間違いなく需要があり、勢いすら感じます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る