「すべらない話」で思い出す 師匠N君が教えてくれた“発射”

公開日: 更新日:

 内間です。人は何かのきっかけで過去の記憶が蘇ることがあります。僕は先日、「すべらない話」の三谷幸喜さんの話で「射精の師匠」を思い出しました。それは中学の同級生のN君。僕はN君に伝えたいことがあります。

 N君は黒縁メガネで無口の一見地味な生徒でしたが、弾力性のある中肉中背でコミカルに動く姿がみんなにウケ、目立つ存在でした。そんなN君とは1年の時に同じクラス。彼は出会ったばかりの僕に「いいことを教えようか?」と、明らかに怪しい誘い方をしてきました。

 しかし、あの時の僕は不審に思うよりも好奇心をとる時期で、話を聞くと、教えられたのが「行為の仕方」。それまで僕は、この行為は噂話だと思っていたので、身近な人の体験談は引きつけられました。……師匠、試してみます。

 家の風呂場で、少し緊張しながら、師匠の言葉をなぞるように事を進めます。感じたことがない感覚。そして更にその先の新感覚に迫った時、自分が壊れてしまいそうな恐怖に包まれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る