大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

公開日: 更新日:

「こんばんは。徳川家康です。今日はまず歴史の勉強です」

 語り役である北大路欣也(77)の意表を突いたオープニングで始まったNHK大河ドラマ「青天を衝け」。14日に放送された初回の平均視聴率は20.0%(関東地区・世帯、ビデオリサーチ調べ)。前作「麒麟がくる」の初回19.1%を超える好スタートとなった。初回放送で20%を超えたのは、「八重の桜」(2013年)以来8年ぶりとなる。

 主演は吉沢亮(27)。日本の資本主義の黎明期に、銀行、商社、鉄道など500社近くの企業の設立や育成に関わり、「日本資本主義の父」と呼ばれた実業家の渋沢栄一を演じる。渋沢は、著書に「論語と算盤」などがあり、24年には「新1万円札」の顔となる。

 好発進となった同作だが、作家の麻生千晶氏は「何話か見てみないと作品としての評価はできませんが」とした上で初回の印象についてこう話す。

「まず、黒崎博さんの演出がいい。徳川慶喜(草彅剛)に渋沢栄一といとこの渋沢喜作(高良健吾)が直訴するシーンでは、手前の2人より遠景の将軍様にフォーカスを当て、身分の差を表現していたり、ドローン撮影で農民たちが農作業をしている豊かな田畑を表現したりしていて素晴らしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す