ついに解禁で半値に ジェネリック「バイアグラ」の値頃感

公開日: 更新日:

 4月17日に解禁され、“最強の勃起薬”と話題沸騰の「ザルティア」は、保険適用(3割負担)で5ミリグラムで約70円。同量で比較しても、バイアグラのジェネリックはいい勝負だ。

 バイアグラのジェネリック、現実的にはいつごろ登場するのか。都内有名ED治療クリニックの関係者がこう言う。

「発売は、早くて6月ごろといわれています。製薬各社は現在、熾烈(しれつ)な駆け引きをしている最中。保険適用外のED治療薬は、製薬会社が自由に価格を決められるため、いち早く発売価格を公表すると、他社はより安い価格で追随するからです。12年5月にバイアグラのジェネリックが発売された韓国では、当時の最安価格が先発薬の5分の1でした」

 ジェネリック薬品で有名な国内メーカー、沢井製薬、東和薬品、日医工にバイアグラのジェネリック発売の予定があるかと取材したところ、一様に「答えられない」という回答だった。

 並行輸入バイアグラに頼るED患者も、もう少しの辛抱だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る