【オリックス】再雇用で年収6割減も不満なし

公開日: 更新日:

「世間では賃上げやボーナス増が報道されていますが、私たちには関係ありません。定年を過ぎても安定した給与をもらえるのは魅力ですけど」

 こう語るのはKさん(62)だ。2年前、同社の再雇用制度に応募し、営業系の事務の仕事をしている。1年更新の契約社員だが、会社は希望者全員を再雇用してくれた。

 オリックスは今年4月から65歳定年制を導入。60歳以降は原則として役職は外れるが、正社員として働き、ボーナスも支給される。再雇用で働く人よりも年収が上がる。ただし、対象は今年60歳を迎える社員。Kさんたちは今のまま契約社員として働くことになる。Kさんの月給は約30万円。ボーナスはなく、年収は360万円だ。60歳前の4割程度の年収だが、それほど不満はない。

「再雇用される人の給与は現役時代の役職で決まります。大体300万円から450万円の幅と聞いています。新定年制で働く人は600万円ぐらいもらえるそうですが、その分、仕事の責任も重くなりますし、別に羨ましいとは思いません。今の仕事は定型業務で、残業もなく定時に帰れますし、悪くはありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  10. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る